Posts in Category: ベルリン日記

France_Boulogne Sue Mer_St.Nicolas


There are another old church in the middle of town.was much calm and quiet atmosphere.
.1287_BoulogneSueMer_St.Nicolas
20140812_1289_BoulogneSueMer_St.Nicolas 20140812_1290_BoulogneSueMer_St.Nicolas

France_Boulogne Sue Mer

1146_BoulogneSueMer 1208_BoulogneSueMer 1212_BoulogneSueMer 1217_BoulogneSueMer

I actually have visit the city for 2 or 3 years ago, as a daytrip.
I didn’t remember, but then i found the shipping Maria’s Medai in my bag,
which i found in my studio and I just put it before we drove to France.
1209_BoulogneSueMer 1222_BoulogneSueMer 1223_BoulogneSueMer 1224_BoulogneSueMer 1225_BoulogneSueMer 1227_BoulogneSueMer 1228_BoulogneSueMer 1229_BoulogneSueMer
1217_BoulogneSueMer
We found a Sushi Restran Matsuyama, same with my family name, and of course we went there for dinner.
They had very nice Chirashi-sushi.
1220_BoulogneSueMer_matsuyama

1221_BoulogneSueMer

France_Cassel

 

1121_Cassel 1124_Cassel 1138_Cassel 1139_Cassel 1140_Cassel 1143_Cassel Once I got St Christoph’s medai from a friend, before I back to Japan, with him we drive back 900km in 7.5hours
to Berlin, andI got buisiness class in Air place to Japan..
 
1144_Cassel
I learned Janne d’Arc was burned as a witch and surprised to found in Church. My photo is bad, but she was beautiful.

France_Lille

 

1073.Lille
20140806_1063.Lille 20140806_1066.Lille 20140806_1071.Lille
 And,Lille has huge Zoo but free entrance!
Of course it has limited space, not like „safari park“, but they try their best for animals and
we 4 grown-ups could also enjoy the little time with animals.
1095.LilleZoo20140807_1102.LilleZoo20140807_1104.LilleZoo20140807_1108.LilleZoo20140807_1109.LilleZoo20140807_1110.LilleZoo20140807_1113.LilleZoo20140807_1114.LilleZoo20140807_1115.LilleZoo20140807_1117.LilleZoo
20140807_1120.LilleZoo20140807_1096.LilleZoo
1068.Lille 1069.Lille

 

 

 

 

 

 

you’ll meed them 

Chez RITA

1_chezRITA_Raubaix
My partner offered me a looong summer holiday, we visit our friends in Raubaix,France, an big art-house
Chez RITA, where used to be an waffle factory RITA, now around 50 artists working individually (painting,
printing, sculpture, ceramics,foto,etc).
They have a garden near the house, also have a country house with garden & bio-toilet
( non water toilet with wooden shaves,a composting toilet ).
They try their best for caring ecology and what they eat, but nothing strict, just accept the fact that things
need a time, and very good artists….  
Link:  chez RITA

パートナーがフランスでの長期休暇をプレゼントしてくれたので、フランスの友人達が経営する
アートハウス「シェ・リタ」に行ってきました。シェ・リタはベルギーとの国境近く、リール近郊
のルーベという街にあります。元お菓子工場で、現在では約50人程のアーティストがアトリエと
して活用しているそうです。
 今回は約70㌔程離れたFrechinという村にある別荘にもお邪魔しました。ここでは今年の音楽祭
FUSION・フェスティバルでもトピックだったビオ・トイレ(コンポスト・トイレ)も設置されています。
水の代わりに木屑をかけると、あら不思議、木屑と混ざった排泄物は2年から3年で堆肥になるという、
むしろ水で流すトイレや薬品を使うトイレより匂いは無く、シンプルで合理的なシステムです。
 数年前からはガーデニングも始めている彼等ですが、ちょうど野菜と果物の収穫時期で、毎日美味しい
お野菜を頂きました。
シェズ・リタのガーデンの穫れたてのお野菜や、彼等のネットワークの農家の皆さんの作られた食べ物や
飲み物の美味しさに触れて、彼等の考える、『食べたいもの=美味しいもの=きちんと育てられたケミカル
でないもの=季節のもの、つまり、育てられるものはガーデニングで作り、あとは足を使ってどこにきちん
と育った美味しいものが買えるのか情報を集める』という事をお腹で知る事が出来ました。
とてもエコロジーな彼等ですが、芸術家としてという堅苦しい訳ではなく、彼等曰く「時間があるから、
正常に物事を考えられるだけ」との事です。
 ベルリンに来てからは、化学物質の入ったものを口にする機会も減り、近所のオーガニック・スーパーの
お陰で、一応ドイツのオーガニック基準を満たした食材を買う生活なのですが、もう一息、美味しいものを
シンプルに頂く生活を心がけたいと思いました。

Looftop at chez RITA , Roubaix, France
2_chezRITA_Raubaix
my second cat-friend madam X 3_chezRITA_Raubaix
chez RITA’s garden4_chezRITA_Garten_Raubaix 5_chezRITA_Garten_Raubaix
The second day on the roof, double rainbows come down into the house!6_chezRITA_Raubaix 7_chezRITA_Raubaix 8_chezRITA_Raubaix-chez RITA at FLECHIN-
11_chezRITA_Frechin Bio-Toilet / put wooden shaves and later it all become compost – 
12_chezRITA_Frechin_ecotoilet 12_chezRITA_Frechin_ecotoilet2 13_chezRITA_Frechin
The garden, the air, the sun and the clouds.14_chezRITA_Frechin
me in kitchen15_chezRITA_Frechin
Saskia made this special place to the old lady X , not to jump up to the dining table. 16_chezRITA_Frechin       X’s gardening time
17_chezRITA_Frechin 18_chezRITA_Frechin 19_Frechin 20_chezRITA_Frechin
Walking around the house21_chezRITA_Frechin 22_chezRITA_Frechin 23_chezRITA_Frechin

 

 

 

 

 

Fusion Fest に行ってきました。

イスタンブールのバンド、BabaZula/ババズラさんに誘われて、フュージョン音楽祭に参加してきました。
元ロシア空軍基地で4日間かけて行われる音楽フェスFUSION FESTIVAL、約6万枚のチケットも数ヶ月前には売り切れ、しかも100%スポンサー広告無しで成り立っているという素晴らしいフェストです。
ベルリンからは100㌔以上離れている全くの僻地に、多くの観客がテントを担いでやって来ます。
今年は水や薬品の代わりに木屑を使うエコ・コンポストトイレもお目見えしました。オーガニック、ヴィーガンフードもあちこちに見られました。
ライブは夕方6時には終わり、その後は観客になって楽しみました。
夜は何気ない灯りからあちらこちらで起るライトショーまで、本当に幻想的で不思議な世界でした。大規模で居心地の良いパーティーやライブが会場中どのエリアでも同時発生していて、爆音ながらも時間がゆっくり流れ、夜中には雨が降って来たのですが、1年振りに会ったババズラさん達とお喋りしながら夜が明けるまで散策しました。
Photo-0482 Photo-0485

Hula Hut Live Fete De La Musik 2014

My sister in low has been visiting me for 5 days, we went some places which I like, and where she wanted.
義姉が5日ほど仕事ついでに遊びに来てくれました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
She is a Makeup-artist, her last night in Berlin yesterday, I had live with Hula Hut & the Seven Seas and she quickly helped me for makeup!  With her professional hands, I became even Hawaiianlike face…
昨夜のベルリンはFete de la Musik という音楽祭でした。ワールドカップのドイツ戦の中継の為、なんだか街中いつもの活気はなかったのですが、うちのハワイアンバンドもサーカステントでライブをしました。
義姉はメイクアップアーティストなのですが、観光でお疲れのところをもう一押しして、お化粧してくれました。
髪の流し方とかますますハワイっぽく仕上げてくれたので、またもやハワイ人と間違えられました。やっぱりプロはプロです。

And my reunion with Carlos & Fernando. We just had performance together on 13th, we hug, and hug, and hugged. 
13日に公演をしたカルロスとフェルナンドも来てくれました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

HKW_Doofe Musik Festival 08.05.2014

copyright  HKW Berlin&Laura Fiorio www.hkw.de

copyright
HKW Berlin&Laura Fiorio
www.hkw.de

5月にハウス・デア・クルトゥーレン・デア・ヴェルト(国際文化ホール)で行われた「ステューピッド・ミュージック/Doofe Musik・フェスティバル」のオープイングアクトの様子がラジオになっていました。
(10組程のアーティスト達が、テレコムのピコピコ音を5分程の音楽作品にするというお題でした。)
写真はパトリック・カタニとの本番の様子です。
…..
Right after I return from Brazil, Patric Catani aka. Candie Hank had kindly asked me to join his opening act-
Stupid Music/Doofe Musik Festival Opening „Pocket Symphonies“ at HKW Berlin.
Patric and I had made music together during 2005 or 06, we’d created some funny tunes,
actually he has been patiently continue to developing the tunes over years during I was in Japan.
And after more than 8 years we put ourselves together in his studio.
It was again very intense and funny as we had used to,
and we created the funny and stupid music again in the very happy mood.


Audio – 0:46:13
Das DOOFE MUSIK Festival im Haus der Kulturen der Welt

Eine Radiosendung zum Festival Doofe Musik vom Oberstufenzentrum Kommunikations-, Informations- und Medientechnik (OSZ KIM) Berlin-Wedding und dem Hausradio.
Original-Link  http://www.hkw.de/de/app/mediathek/audio/26944
Stupid Music/Doofe Musik Festival Opening „Pocket Symphonies“
(other performers |
Eliav Brand, Patric Catani, John Kameel Farah, Adi Gelbart, Juliana Hodkinson, Kammerensemble Neue Musik,
Ari Benjamin Meyers, Guido Möbius, Alex Paulick, Ana Maria Rodriguez, and Zeitblom, moderated by Khan)-Info by HKW web site-
„Ringtones and audio CI have shrunk the idea of the “composition” to what must be the smallest possible unit. The musicians in this evening’s program were tasked with taking a prominent telecommunications company’s dreaded TV advertising jingle (doodle-doo-de-doo!) and blowing it up into compositions of three to five minutes in length, using means ranging from the laptop to the string quartet.“

Phonetic Fragments of One(Self) in Brazil

sound designer 1mini

copyright – Karla Maneghetti 2014

Just one month since we’ve returned from Brazil, Cristina sent me the Video.

ブラジルから帰って丁度ひと月。
「フォネティック フラグメント オブ(ワン)セルフ」のビデオが届きました。
(リンクが安定したら、またご案内します。)
パフォーマーのクリスティーナ・エリアスがクラリサ・リスペクトールの代表作「Passion According to G.H」を題材に、
制作、台本、演出、振付けまで手がけた本作です。
初演は昨年9月、ベルリンのブラジル大使館で行われましたが、その後ブラジルで「Funarte女性による視覚芸術2013」
という賞に選ばれ、この4月にサンパウロ公演となりました。
昨年は聴覚障害者でプロの女優のローズマリー・ワルターのソロ公演でしたが、今回はブラジル在住の人々13人が出演しました。今回はクリスティーナと彼女の夫で映像作家のセザールの録音を元に、5カ国語で語られる20以上のシーンの音を解体し、組み直し、新しい音を編み込んでゆきました。セザールが織りなす映像が大画面に写される中を、半数以上が聴覚障害を持った出演者の人々が淡々と動いてゆく様は本当に美しく、まるで手探りで長時間歩いているかの様な連日のストレスがブラジルの空気の中に溶けてゆきました。。。

下記は写真画像のリンクです。

Performance at São Paulo Image and Sound Museum
公演会場- サンパウロ・イメージ&サウンド美術館
The Museu de Arte Moderna de São Paulo (MAM-SP)
公演会場- サンパウロ近代美術館

Seven Star Gallery- Bob&Mushimaru

mushimaru2014

Happy 83th Birthday Bob Rutman!
今日はBob Bob Rutmanさんの83歳のお誕生日です。
ボブさんはスチール•チェロ(Bow Chimeとも言います)の開発者で60年代から演奏とペインティングを精力的に続けていらっしゃいます。
ボブさんと出会ったのは2003年、ヨーロッパツアーをされた藤條虫丸さんとが、フランクフルトでの公演後にベルリンに遊びに来られ、偶然ご一緒出来たライブセッションがきっかけでした。

虫丸さんは、現在ヨーロッパツアー中です。先々週、シアターハウス•ミッテでの公演後に「ボブに会いたいね」という事になり、後日、虫丸さん、山本公成さん、カンパニーの皆さんと一緒にセブンスター•ギャラリーで個展中のボブさんに会いに行きました。
 ボブさんは、虫丸さんに会うなり地下室に案内してスチール•チェロを弾きだされ、いつの間にか楽器を取り出して奏で出される公成さん「Mushi!」とリクエストされさらっと踊りだされる虫丸さん。。。3氏の言葉を超えた出会いと再会の瞬間を拝見出来たひと時でした。その後はみんなにも短いセッションの機会を与えて下さいました3氏でしたが、その様子をじっと眺めていたギャラリーオーナーのトーステン氏が「日本からいらした皆さんに、僕からのプレゼントです」と急に踊り始められました。トーステン氏は、マルセル•マルソーさんのお弟子さんだったそうで、これがまた、空気を入れ替える様な素晴らしい歓迎でした。
80才を超えて、10年前より更に美しい音を奏でるボブさん、そしてどんな出会いの瞬間も逃さない芸術家の皆さんに、本当に勇気を得たひと時でした。
昨日はボブさんの誕生日ライブに行きました。ジョークをとばしながらも歩いて帰れなくなるほど全身全霊で弾かれる様子、お祝い出来て、本当に嬉しかったです。
写真は、虫丸さんのアルバムより。