Skip to content →

Kategorie: ベルリン日記

yuhki’s diary in jap

ラジオドラマ

今年の1月23日に録音したラジオドラマが放送されました。しばらくは、ネットで聴けるみたいです。私は歌専門ですが、プロデューサー達と時間をかけて、ラジオでの声の使い方を少しずつ研究してゆきたいと思っています。

Continue reading ラジオドラマ

Comments closed

Sound Traces Moves


An Improvisation Performance Evening  – a MAX* Event *The MAX series is conceived and organized by the MA Choreography (MAC) students of HZT Berlin. As…

Continue reading Sound Traces Moves

Comments closed

sketch no.1

時期が行ったり来たりするような気がしますが、5月にはサイト・スぺスィフィックをテーマにした講義がありました。晴れた日に、同級生のカイと街に繰り出して何本かビデオを撮影しました。普段、部屋の中にいて哲学書を開き「空間が動きを促す」と読んでもピンとこないものですが、野外に出ると突如自分の力ではどうにもできない事が沢山起きて、そこから動きというのは自分の中にも外にもあふれていることを実感します。「体がすでに記憶している動き」というテーマで、おばあちゃんがピアニストだというカイに、Hula Hut&The Seven Seasのリハーサルスタジオ近所の街角に立ってもらいました。 大変桜の美しい時期でした。ベルリンにも桜が咲きます。気候や水が違うせいか、日本のような風情の桜にはなかなか出会えないのですが、毎年、町中の桜の木々たちが日本の春を届けてくれているような気がして、ふと木々に感謝を覚えます。今年も綺麗で、嬉しかったなー。

Continue reading sketch no.1

Comments closed

Update 12.06.2016

4月にリサーチブロジェクトを一本発表し、その後、何があったのか覚えていない位の勢いで、途絶えることなく次々とリサーチやパフォーマンス、コラボレーションの準備等に追われていました。先週は、Deutschlandradio Kulturのラジオドラマの収録に行ってきました。3時間半一本勝負という怒涛の録音でしたが、ドイチュラントラジオの素晴らしい設備で、ちょっと感激しました。去年も誘ってくださったチームなのですが、本当に、ご縁というのは何処からやってくるのか分からないものです。今年の12月に放送されるそうです。感謝。今週は、屋久島から舞踏家の虫丸さんがいらしています。去年に引き続き、先月85歳になったボブさん( Bob Rutman )と共演されるのに、サポートとして入ります。月末には、これも2年ごとの恒例イベントになってきたババズラのFusion Festival公演があります。ババズラとの共演は、もう4年目になります。毎回、トルコ語、先の読めない即興、曲のキー等、色々悪戦苦闘しつつ、少しづつ、自分なりの彼らの音楽との踊り方、歌い方を探ってきています。その前日の28日には、Eschschloraqueにてムラットの個人的なプロジェクト、シャドーダンス&ミュージックのMavigüneş69のライブにジョイントします。何度かセッションを続けているSchneider TMと一緒に参加するので、大変楽しみにしています。 その間、ハワイアンバンドのHula Hut & the Seven Seas のライブも3本ほど入っているので、勉強どころじゃないっていう感じですが、いえいえ、テオリーのセミナーが、とても興味深いところに入ってきているので、面白すぎて手を抜けない感じです。

Continue reading Update 12.06.2016

Comments closed

produktive

今月18日、大学で初めてのリサーチプロジェクトの発表をしました。自分がパフォーマンスにおいて興味を持っているのは、実は「見えないもの」なんだという事に思い至り、友人のMoritz Gagernと外山綾子ちゃんに参加してもらって、約3週間、「記憶」特に、子供の頃から気になっていたアンリ・ベルグソンの「物質と記憶」という本を読みながら、リサーチをしていました。日常にも、舞台にも、私が「感じていること」が、実は私だけじゃなくて、もっと多くの人のテーマになりうるもので「現象学」として学問になっていたというのは、目から鱗がハラハラと涙になって落ちるような、心を打つ発見でした。この興味がどこに向かうのかは私にも解らないのですが、見えないものが見えるような(別に心霊現象ではなく)ちょっとマジシャンのような教授たちに囲まれて、勉強できる幸せをヒシヒシと感じています。                                    綾子ちゃんの後ろ姿、瞑想中ですね。今日は、ドイツもメーデーでした。朝から、NY大学からいらしたAndré Lepecki教授の講義に参加しました。テーマは、ダンスのドラマトゥルクとその発展から、哲学とダンス、6週間後に出版される新しい本について等、話は私のリサーチのサブテーマだったベルグソンにも及び、昼休みも含めて5時間があっという間に経ってしまいました。難解なのは、難解なのですが、本人に会って目の前で話を聞く方が、著作を読むより楽しくすんなり学べる気がします。今のところ。 その後は、近所の劇場Sophiensealeに、先年講義を受けて以来ちょっとハマっている振付家、Peter Player氏のVisible Undercurrentを見に行ってきました。80年代のNYがその後のベルリンのダンスシーンに及ぼしている影響を紐解くような作品で、上記のレペッキ氏が研究、活動してこられた時間軸とリンクしていて、とても面白かったです。 今夜は、作品中でもNYの当時のダンスシーンを代表する一人として紹介されているYoshiko Chumaさんが見にいらしてました。思わず声をかけてしまったところ、大変気さくに色々話してくださいました。ダンスの歴史を知りたいと思っているわけではないのですが、今の私たちのダンスにつながる時代の先駆者だった方々は、今もそのSpiritを失わずに活動し続けていらっしゃって、本当にぐっと来ます。わかればわかるほど、もっとわからないものが空から降ってくる、そんな毎日です。  

Continue reading produktive

Comments closed

今日

目が覚めたら、3月11日だった。 世界中のいろんな国の人々の心の中で、いろんな日が、こんな風に強烈な体感を伴って記憶されていて、それは他の誰かが忘れても、一生心から消えないんだろう。

Continue reading 今日

Comments closed

Happy Holidays!

今年も一年、ありがとうございました。10月から通い始めた大学院も、早やクリスマス休暇です。語学力が情報量に追いつかない毎日ですが、来年もくじけず励みたいと思います。 先週、一年の終わりにフラバンドの仲間とうちのスタジオの居間で録音しました。シンギング・ソーのカタリナさんをゲストに、演奏しています。 楽しいクリスマスと、あったかいお正月、そして素晴らしい素晴らしい2016年をお迎えください。 Aloha from Berlin 牧師のEduard Ebelが1895に作詞し、オルガニストのDaniel Gottlob Türkが1792年に作曲したメロディーを取り入れた、雪が静かに降る/ Leise rieselt der Schneeという曲です。 静かに雪が降る沈黙と静寂が湖に満ちるクリスマスらしく輝く森喜びなさい、もうすぐクリスマスの天使がやってくる。

Continue reading Happy Holidays!

Comments closed

02.12.2015

ベルリンではなぜかみんな、自分たちの芸術活動を大変ローカルな活動だと考えていて、街やシーンへの思い入れを持って活動しています。もう12月なので少し前になりますが、ベルリン自由大学の客員教授になられたアイ・ウェイウェイ氏の初トークに行ってきました。トーク時自体は、大学側からの質問に答える形で進められて「紹介」という程度だったのですが、言葉少ないながらもウィットに溢れ、アートや学生への真摯な姿勢の混ざった、暖かいトークでした。これから数年、彼のベルリンでの活動を通して、自分の中で中国に対してどんな思いや理解が生まれるんだろうと、大変エキサイティングに感じました。右端は、うちの大学HZTの学長、ニック・ハフナー教授です。

Continue reading 02.12.2015

Comments closed

1日過ぎて。

昨夜は、Auslandという会場でのイベントでした。私は昼間にパリでの事件を聞き、ガーディアンで次々にアップデートされる情報を見ながら準備していました。パリとベルリンは距離的には車で10数時間でしょうか。もう少し北部の町リールには度々行っていますが、陸続きで通貨が一緒なので言葉が違っても国内旅行に近い感覚です。遠い他国の出来事という感じではなく、大変シリアスで、ショックで、悲しい出来事です。 イベントは、2つのノイズ系ライブに挟まれてのハワイアンライブという異様な企画だったのですが、大変な盛況ぶりでした。こんな時に、こんな時だからこそ、音の中で揺れながら過ぎてゆく時間が持てて、現実を見るための呼吸を整えた思いでした。Fake Mistressのソロライブ、日本からは、ノイズバンドの非常階段さんが、初音ミクの扮装をした女の子がボーコーダを使って歌う横でノイズが繰り広げられるという、初音ミク&ノイズという企画モノのライブを持ってこられました。うちのハワイアン・バンドHula Hut & The Seven Seasは30分ほどのライブセットだったのですが、滝に落ちた神Akakaを偲んで流された涙が新たな滝となった、といういわれにちなんで、Akaka Fallsという曲も歌いました。書けば意味不明なイベントに見えますが、お客さんの様子もあって、なんだか不思議な纏まりがありました。 今年は7月には、イスタンブールから来た音楽家、BabaZulaのムラットとSchneiderTMと共に、イスラム教のラマダンをテーマにしたフェスティバルに参加しました。現代も含めていろんな時代のいろんな国のいろんなジャンルの音楽や舞台にライブで触れることで、テレビや文章では伝えきれない何か『情報』の様な物がどーんと空間に広がって、シェアされていくのを感じます。読んだり検索したりして情報を得るのも大事だけれど、もっともっと、ジャンルを問わず、ライブで人と出会わなくてはと思います。

Continue reading 1日過ぎて。

Comments closed