Dis-Tanz-Solo III – Sachsenhausen Memorial and Museum

Research : Movement and tonality of the void spaces : 8.July

日光が、その空虚を照らし出していた。

The sun light illuminate the empty spaces in vain.
誰も、もうそこにはいないという静けさと、少しの安心。
誰も、もうそこには居ないというのに、入る事を躊躇われるほどの恐怖感を覚えた。
A sense of calmness and a little relief, that no one there anymore.
Although no one was there anymore, I felt a pressure and fear, that made me hesitate to enter.
物凄くたくさんの人がいた場所に、
誰もいない、何も無いという事実の持つ迫力。
Overwhelmingly powerful fact, that there is nothing, no body in the place anymore.
数時間、ただただ歩き続けた。
インフォメーションセンターの人は、
「これは、たった20分の1の規模で残されている。」
私は日本人だと言うと、「あなたが、ここを体験できて良かった」と言ってくれた。
I just kept walking there for hours.
The only person at the information center on the day told me that it was 20 times bigger.
When I said that I’m Japanese, he said “I’m glad you could experience this place”
Denkmal | Memorial
自分のでは無い、誰かの記憶を、自分の足で訪れることで体感できる場所。
その記憶の持つ重みについて、思いを馳せることができる場所。
A place where you can experience the memory of someone who has no direct connection with you by visiting with your own feet. A place where allows you to think about the wait of the memories.

Comments are Disabled